ヒールの高さは女のプライドじゃなくて、最高の自己暗示。

スポンサーリンク



はじめまして
はまあやです。

自分の靴選びについて考えてみたことありますか?

1日のスタートを切る玄関で、今日はどの靴にしようか。

 

女性は、場面によって靴を履き分けていると思います。たくさん歩く日なら歩きやすい靴を、華やかな場所では品のある靴を。

 

私の場合、日常では歩きやすい靴を選ぶことが多くなります。ヒールが高くなくて、ピンヒールじゃなくて、脱ぎ履きしやすい靴。

 

そんな、楽ちんラブな私にも、お気に入りのヒールの靴が1足あります。

履きやすさや疲労を考えたら、足にはよくない(笑)
正直、履いたあとは足がパンパン。

それでも、この靴じゃないとダメな日があるのです。

 

靴の目的は歩くためにある

20代前半までは、5~7cmくらいヒールのある靴をよく履いていました。今思えば、よく毎日履いて歩き回っていたなあと思います。

若いときは体力ある!(笑)

 

しかーし事件。

20代半ばの頃、不注意で階段から転げ落ちました・・・。受け身が上手くて、手足のすり傷だけで済みました。が、しばらくお風呂の度に絶叫(笑)

 

そこから、ちょっとしたトラウマになり、ヒールのない靴を選ぶようになりました。

 

ヒールがない靴はとても楽です。若かったときは、ぺたんこの靴なんて絶対履くもんかー!と思っていたんですけどね。女のプライドみたいなものがありました。でも1回履いたら、楽さと動きやすさにすぐ流されちゃいましたよね(笑)

 

靴が女性に与えてくれるもの

そんなおっちょこちょいな私ですが、
ヒールの高い靴を選ぶ日があります。

 

お気に入りの7cmくらいの華奢なヒールの靴。

 

もったいなくて、普段はめったに履かない。

買ったときのドキドキの高揚感をいまだに覚えています。

 

この靴を履くと、

今日の私はイケてる!!大丈夫。
自動的に暗示がかかります。

 

初対面が多い場所や緊張するときも、
靴が私に自信やパワーを与えてくれるのです。

 

勝負靴。

 

この勝負靴を履いた姿を鏡で見るだけで、自分に自信がみなぎってきます。最高のイケてる自分になれた気分になります。

 

出掛ける前に、鏡に映った自分を見て、少し微笑んで、元気よく出発。

 

なぜなら、
自分の足が一番キレイに見える靴だから!!

 

当たり前かもしれないけれど、女性にとって「美」はすごく大切なこと。

 

お気に入りの靴が日常化しても効果は出ません。 小さな非日常を自分で演出することで、女性はシンデレラ気分を味わえるのだと思います。

 

私にとって、勇気や自信を与えてくれる大切な靴。

自分に自信がつくと、行動できるようになる。
靴が自分を前へ前へ、連れて行ってくれます。

 

勝負靴を履いているときはいいことが起こる。

大げさかもしれないけれど、ゲン担ぎみたいに自分に暗示をかける。

本当に手放せない大切な靴になります。

勝負靴を持つことは人生を変えると信じています。

でわまた。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。