「目の前の人と向き合う」ことの本当の意味は、「乗り越えるべき試練と向き合う」ことなのかもしれない。

スポンサーリンク



こんばんは

はまあやです٩( ”ω” )و

 

2019年も半分が過ぎ、後半戦に突入しました。

 

半年間、怒涛のような日々で、ここ最近やっと落ち着いてきました。

こころが穏やかです~( ˘ω˘ )

 

誰と出会うか、誰と過ごすかで人生は変わってしまいます。

 

社会人になると、新しい人と出会うことは極端に減り、自分から求めないことには、きっかけはなかなかやってきません。

 

”でも、どうしたらいいんだろう?”

 

ひとり悶々と考えて、堂々巡りでした。

 

しかし、私には転機がありました。

 昨年末、失うものは失って、いろんな物事がリセットしました。

 

この先、もう地獄しかないと途方にくれていましたが、
「失うものがないと得ることしかない」ということに気づきました。

 

出会いがないと嘆いていた、普通の事務OLが、
この半年間で約1000人近くの人と出会いました。

 

 

さまざまな価値観にふれて、自分を磨いた。

カウントしていないので、もっと多いかもしれないし、少ないかもしれません。挨拶くらいしかしていない人もいるし、同じ空間に居ただけの人もいます。

 

SNSを通じると、もっとたくさんの人の考え方に触れました。

 

最初の頃は苦い経験もたくさんしました。

 

人脈0からのスタートだったので、
ネットで交流会やイベントを探していたのですが、なかなか思うような人とは出会えませんでした。

 

断れなくて、誘われるがままにイベントに顔を出し、人に操作されたかのような鬼スケジュールになっていたこともあります。人を見る目がなかったので、相手のビジネス話や、ダークな価値観に染まりそうな時もありました(笑)

 

それでも歩みを止めずに、出会って、語り合って。

何回も重ねて、人を見る目を養っていくと、出会いたい人と繋がれるようになってきました。

 

 

繋がりが多いから良いというわけでは決してない

f:id:hama_nn:20190712215347j:image

 

LINEの登録が1000人超えたと得意気な人もいたけれど、ほとんど誰なのか分かっていなくて、同じ人に連絡先聞いてたりしていました。信頼だだ下がりですよね。

 

ここ最近だと、その数字に何の意味があるのだろう?と冷静に分析できるようになってきました。(過去には、すごーい!とか思ってたこともある笑)

 

私も当初は、出会ったらLINE交換していました(笑)なんなら、こちらから声かけまくっていましたし”(-“”-)”

 

でも結局、継続して繋がる人は、ほんの一部でした。
ですので、LINEの登録は150人くらいしか常にいません・・・

 

価値観が変わると、自然と連絡取らなくなるんですよね。
不思議と・・・

 

別れと出会いを繰り返している感じです。

それが正解とも思いません。

 

 

登録が1000人いても、大切にできている人ももちろんいます。

 

 

課題は目の前に現れ続ける

苦手だと感じる人とは距離を取ってきました。お誘いがあっても、断ったり、避けたりしていたのです。

 

ところが最近、何か月も連絡とってない、そういう方々からの連絡が増えました。

 

また断ろうと思っていたのですが、この記事を思い出しました。
自分の課題は、すべて目の前の人に現れる。|あんちゃ

 

自分の課題は、目の前に現れる。

 

なんとなく避けていた人たちは、過去の私の鏡。

 

物欲や承認欲求にまみれて、ギラギラしていた頃に出会った人達。

 

逃げたら、根本的な解決にはなりません。

 

苦手な人や価値観が違う人とは、これからも出会うし、価値観が変われば、突然、苦手になり得ることだってあります。

 

本当に自分の価値観や軸を持っている人は、
どんな人とも上手く付き合うし、そんなことで争わないし、ブレません。

 

課題なんですよね。私の。

 

「神試し」みたいな時期があるそうです。

 

 

関係を切るのは簡単。

 

でも、相手の良い部分や共通点を見出して、築ける関係もきっとあります。そこから学び取れることがたくさんあるはずです。

 

逃げても逃げても、追いかけてきます。

それは、自分の鏡だから。

 

”なんとなく嫌だ”から逃げずに、真正面からぶつかってみる。

 

 

そして、本当のしなやかな強さを身に付けたい。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。