恋で傷つくことが怖いあなたへ~素直になるということ~

今回はポエム調でお届けします。

 

「いいなあ、もっと話たいなあ」

この状態のときは、
ものすごく積極的にできる。

自分から誘えるし、
甘えることだってできる。
LINEも遠慮なくできる。

 

「ああ、好きだ・・・」

自覚してしまうと、もうダメ。
LINEの返事が短いだけで落ち込む。
なにもかも意識しすぎて避けてしまう。

 

急に敬語になったり、
連絡できなくなってしまう。
なんで避けちゃうんだろう???

 

怖い。

断られたときの恐怖。

恋愛関係になると、
嫉妬したり、嫌いになったりする。

 

その何倍もいいことが待ってるかもしれない。
たくさん一緒にいれて、自分を見てくれる。
好きな人に触れられる。

 

関係に終わりがくることが何よりも嫌だから、

”友達のままでいい”

そう思ってしまう。

 

友達なら一生、繋がっていられる。
ずっと繋がっていたい。

そう思うことはおかしい?
恋に傷つき過ぎたのかな?
恋に疲れたのかな?

 

年齢を重ねれば重ねるほど、
恋に臆病になる。

 

思いを閉じ込めようとする。

そして、
自分を好きだと言ってくれる人に心揺れ動く。

 

傷つかないから。
安心だから。

「女性は愛されたほうが幸せになれる」

「幸せにしてくれる男を選んだほうがいい」

 

過去に耳にしてきた言葉。

本当?

本当にそう?

 

もし3年後、
恋心を閉じ込めた人が迎えにきたらどう思う?

 

きっと今は想像もできないくらい嬉しくて、
衝動を止められなくて、感動して、
抑えてた気持ちが破裂して、
過去の臆病だった自分を後悔するんじゃない?

 

どうして、確かめなかったんだろう。

どうして、逃げてしまったんだろう。

 

相手も同じように、臆病だったのかもしれない。
怖かったのかもしれない。

 

先のことは誰にも分からない。
一生、添い遂げるかもしれない。
すぐにお別れがくるかもしれない。

 

2つに1つ。

 

失いたくないくらい好き。
そんな人と巡り合うって奇跡じゃない?

 

周りを見てみて。
好きな人ができないって悩んでいる人のほうが多いから。

 

思い出して。

そうやって、
恋と失恋を繰り返しながら、
いろんな人と巡り合ってきたこと。

 

今の恋心と向き合って、
失恋したとしてもきちんと昇華させたら、
それは財産になる。

スポンサーリンク