有罪かどうかより、疑いをかけられた時点でもう終わり。

スポンサーリンク



こんばんは。

 

2019年3月23日

 

どうやって言葉にしたらいいのか、

どうしたら思いが正しく伝わるのか。

 

伝えたいことはあるのに、自分の中でもまだ混乱しています。

 

 

 

落ち着いたら、書こう。

そう思って、違うことを書いても全然進まない。

 

何をしていても心の奥には鉛があって重たい。

いつものように動けなくて、その度に思い出す。

 

 

もし、

深く関係していた人が犯罪者になったらどうしますか?

 

過去に一度でも「好き」だと思った自分を恥じますか?

今までの彼を否定しますか?

 

 

たった一夜にして世界は一変する。

 

 

何が真実なのかどうかは関係ない。

嘘でも事実でも罠だったとしても。

 

そういうレッテルを貼られてしまった。

それが全て。

それはもう、覆らない。

 

 

 

セクシャルハラスメント

 

 

 

映画「それでもボクはやっていない」でテーマになったように、”やっていない”という証明をすることは難しい。

 

性犯罪は、女性が被害者になることが一般的だが、被害者の仮面をかぶった加害者であることも往々にしてある。その証明は難しい。

 

 

その時、

もし女性と男性の間で同意が取れていたとしても、女性が意見を翻せば、同意が取れた証拠なんてどこにも存在しない。

 

同意が取れた行為だったとしても、翌朝になって、反論されれば終わり。

 

そう、今まで積み上げてきた人生が終わる。

 

 

寂しさや承認欲求、欲望、お酒の力もあって、流されてしまう時もあるかもしれない。そして翌朝になって、そんな軽はずみな行動をした自分を軽蔑し、なかったことにしたくなるかもしれない。私が望んだんじゃない、と。

 

 

たった1つの発言で、人生は変わってしまう。

 

 

 

最近では、TOKIO山口メンバーに始まり、数々の芸能人が性犯罪を犯し、姿を消しています。それは芸能界だけの話ではなくて、身近にも起きていること。

 

真実は分かりません。

本人たちしか知り得ません。

言葉に出した時点で、事実とは少しずつねじ曲がって都合の良いものになります。

 

 

私の身近な人の人生も破滅しました。

 

小さい子供が3人います。

会社にはもう復帰できません。

 

 

 

100%男性が悪いです。

でも、

深夜に酔いつぶれてしまう女性にも落ち度がある。

 

 

真実は分からない。

 

こんな悲しい事件が起きないために。

 

 

男性は、あわよくば精神は捨ててください。

 

ニートラップという言葉があるくらい、お金目当ての女性は現実に存在します。自分を正当化するために、事実を捻じ曲げる女性も存在します。一夜の誘惑で人生が台無しになるなんて馬鹿みたい。

 

 

女性は、寂しさに負けないでください。

 

好きでもない男に抱かれても、虚しくて、寂しさは増すばかりです。本当に大切にあなたを扱う人にだけ触れさせてください。自分を大切にできる人は、男性からもきっと大切にされますから。

 

 

 

何が真実なのかどうかは関係ない。

嘘でも事実でも罠だったとしても。

 

 煙がたった時点で、もうすべては終わる。

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。