婚活疲れのアラサー女性たち。心掛けたい3つの大切なこと。

スポンサーリンク



アラサー女のはまあやです。

インスタやTwitter、ブログ、様々な媒体で”婚活疲れ”が叫ばれています。実際、私の友人にもいるので、他人事ではなく、一種の社会問題と感じています。

 

彼氏が欲しい、結婚したい!という女性も、男性もたくさんいるのに、この世の中、なかなかマッチングしない。私自身も20代後半の頃、素敵な男性は全員既婚者だと絶望していました(笑)

 

大丈夫です。
そんなことは全然ないと思います。

 

・がんばっているのに全く前進しなくて疲れた
・1年以上、好きな人ができない自分に絶望している。
・私にはもう無理なんだと自己否定している。

 

共通するのは、

「第一印象に命かけすぎ!」

です。

 

出会ってすぐに恋に落ちるなんて、残念ながらそうそうありません。

 

一目惚れからスタートして、相手を知る事に興味がなくなっていき、「あれ?この人のどこが好きだったんだろう?」と急に目が覚めることもよく聞くお話。

 

私の周りには、
「は?顔でメシくえねえし!」
と名言(迷言?)を残すツワモノの女友達がいます(笑)

 

反対に、
「見た目がタイプじゃないと、2回目会いたいと思えない・・・」
こういう意見の女性の相談も受けます。

 

自分の考えを変えるのは一朝一夕ではできないし、幅広く様々な人と会って、話をしてみないと見えてこないことはたくさんあると思います。

 

たくさんの人と出会うことで成長していくし、コミュニケーション能力もどんどん長けていく。会う度に、また一段と輝いているなーと感じます。

 

 

運命の出逢いに期待しすぎている

婚活に疲れた女性の口癖が、「今日こそは素敵な人に出会うぞ!」です。

 

そういった自己暗示も少なからず必要です。が、素敵な人がいなかったときの気持ちの落差が激しすぎるのです。

素敵な人と今日こそは出会う!

いなかった・・・。次こそは!

今日もいなかった・・・
このループをある程度繰り返すと、素敵な人なんていない、私には無理なんだあーーーーと自分を否定し始め、どんどん消耗していってしまいます。

 

素敵な人、というのは第一印象だけでは分かりません。

 

ビビビッという運命に期待しても、そんなものは滅多に起こりません。

 

会話をしていく過程で、「なんか一緒に居ると楽かも。ずっと一緒にいれそう。もっと居たいな。」という自分の居心地の良さを発見したときに、”この人素敵だな”という感情に徐々に変わっていくものだと思います。

 

一方で、その”会話”に疲れるという声も多く聞きます。何話していいか分からないとかとかとか・・・(女子会では延々と話せるのになぜ?笑)

 

~人との会話に疲れてしまう原因~
・相手に合わせすぎ
・真面目に聞き過ぎ
・自分を良く見せようしすぎ

全てにおいて、がんばりすぎています!!

 

”そんなこと言ったって、ある程度お付き合いして結婚して、子供を産んでって逆算したら、え!全然時間ないや!って焦るし、タイムリミットだってあるし、素敵な男性はどんどん結婚していく。年齢とともに市場価値だってどんどん下がる一方じゃん。取り残されたくない。”

 

私も、ずっと思っていました。
そして頑張れば頑張るほど、上手くいかなくて疲弊していました。

 

確かに、アラサーの1年はものすごく大きい。
でも、人生は長い。

 

結婚するということは、1人の人と何十年と一緒に過ごすこと。相手に合わせて、我慢して、自分の良い部分しか見せずに誰かと結ばれても、苦しむのは自分自身。

 

 

嫌われる勇気を持つ

自己啓発的なことを言うつもりはないのですが、
「嫌われる勇気」という言葉が好きです。

 

人との出会いの場所、会話の場面において、
”嫌われてもいいや精神”がとても大切だと思います。

 

・自分らしくいること
・第一印象で一喜一憂しない

最初に取り繕うと、ずっと演じ続けないといけなくなります。
そう思えるようになると、人間関係は、少し楽になります。

 

また、第一印象で判断してしまうほど、チャンスをドブに捨てていることはないです。

 

残念ながら、”生理的に無理”な人は仕方ないですが、、、

 

初めは男性として興味を持てなくても、人として嫌な気持ちにならなければ、バッサリ切り捨てず、複数で会ったりしてみたほうがいいと思います。相手の良さが客観的に見れて、新たな一面が見えます。

 

私の場合、第一印象で、彼氏として対象外だな~と思っていた人が、2~3回目で、「あれ?居心地いい。」と気づくことのほうが多いです”(-“”-)”

 

「好き」という気持ちも大事ですが、「大切に思ってくれてる」と感じることも女性の喜びだと思います。そういう一面は、第一印象では100%分かりません。

 

さいごに

婚活といえど、人と人の関係構築です。

 

”異性としてどうか”に重きを置きすぎず、”人としてどうか?”からスタートしてみると、少し力が抜けませんか?

 

~大切なポイント~
①がんばらない
②好かれようとしない
③自分を否定しない

上手くいかなくても、自分に欠点があるからではありません( ˘ω˘ )

 

だから、自分自身を責める必要も、否定する必要もありません。

 

がんばりすぎて、周りが見えなくなっているだけ。

 

素敵な人を見つける努力ではなく、
自分にとっての”居心地の良い人”を探す旅だと思って楽しみましょう。

 

スポンサーリンク



5 件のコメント

  • 前に聞いた外国のことわざで、「古い家ほどよく燃える」というものがあるそうです。
    年を重ねてからの恋のほうが若いときよりも燃え上がることを例えているそうですが、素敵だなと思いました。

  • とても素敵なことわざですね(〃▽〃)
    初めて知りました!!!!!
    ありがとうございます✩.*˚
    お互い成熟していた方が、
    深い恋愛ができると信じています。

  • 嫌われる勇気いいですね
    自分らしくいればきっと素敵な相手に引き寄せられるはずですよね(^-^)
    Twitterもフォローさせていただきました
    よろしくです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。