恋に仕事に悩み多きアラサー女性におすすめ小説。~1日で読める~

はまあや
何度も読みたい小説を選びました!

アラサー世代の女性のこころに響く、おすすめ小説をご紹介します٩( ‘ω’ )و

わたし、定時で帰ります/朱野帰子

主人公は、32歳。

結婚が破断になったばかりの働く独身女性。

仕事中毒の元婚約者、高熱がでても休まない同僚、すぐに会社を辞めると言い出す新人、育休を取らない双子の子供をもつ先輩、様々なキャラクターが登場して、リアルな世界観…。

詳しくは、こちらに感想文書いています。
【おすすめ小説】働く意味とは何?/わたし、定時で帰ります。

働きたい人も、会社を辞めたい人も、産休や育休で悩んでいる人も、すべての働く人が、「仕事」「会社とは何か?」を見つめ直すきっかけになる1冊です。

ドラマになりました( ˘ω˘ )

コンビニ人間/村田沙弥香

芥川賞を受賞し、24ヶ国語に翻訳が決定している著書。

短い小説なので、活字が苦手な人や、時間がない人におすすめです!

「誰にも迷惑をかけていないのに、
ただ、少数派というだけで、皆が僕の人生を強姦する」本文より引用

就職して、結婚して、子供を産む。

それが幸せ。それが普通の生き方。

それは誰が決めたのでしょう?

「普通とは何か」を面白い切り口で描いた作品です。

白いしるし/加奈子

小説の裏面の紹介ページを読んで、すぐ手に取りました。

女32歳、独身。
誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、

恋を遠ざけていた夏目。
恋の終わりを知ることは、
人を強くしてくれるのだろうか?

さまざまな経験をしてきた30代。

歳をとる度に、恋愛の経験も増えていきます。

20代の頃とは違い、1つ1つの恋愛は深く、終わったときの傷口は深くなっていきます。

もう辛い恋はしない。
そう誓っていても、恋におちるときは落ちる。
ダメだと分かっていても落ちる。

会いたい。
そのシンプルな欲求に抗うことが出来る人は、世界にどれほどいるのか

何歳になっても、好きな人に会いたいと思う欲求は変わらない。

傷ついてボロボロでも、また全身で恋をしたいと思える1冊です。

西かなこさんの作品はどれも刺さる…。

風のマジム/原田マハ

舞台は沖縄。
心地よい方言が、ほっこりします。

派遣社員として働く28歳の主人公が、さとうきびでラム酒を作るという夢をみつけ、事業立ち上げから女社長になるまでのストーリーです。

とりたてて大きなトラブルもなく、
さりげなく過ぎ去る日々。
何も望まず、追いかけず。
そんな人生でもいい、と思っていた。

平凡な女性が夢を見つけ、心折れそうになりながらも、決して諦めない。

周りの「無理」という声にも屈せず、できることを考え、進んでいく主人公の姿に目が離せなくなります。

目標や夢を持っている女性は強い。
やりたいことに出会えた時、人は180度変わると思います。

「私もなにかできるかも?」自分の人生の可能性に期待したくなる1冊です。

世界から猫が消えたなら/川村元気

2013年本屋大賞ノミネート、映画化もされている作品。

何かを得るには、何かを失わないといけない、人生における等価交換の原則を描いた作品です。

「でもただ生きることには意味がないじゃないですか。どう生きるかに意味があるんじゃないですか」

自分がやり残したこと、
伝えられなかった言葉、
心の奥底に隠した思い。

もし明日、自分が死ぬと分かったらどうしますか?

読み終わった後、大切な人に会いたくなる1冊です。

ぼーっと生きている日々、当たり前の日々。そんな普通の毎日も、きっと愛おしく思えます。

四月になれば彼女は/川村元気

読み終わったあと、切なくなって、過去の自分の恋や愛に重ねてみたりして、少し放心状態になりました。

ベッドに横たわって、目を閉じて、余韻を味わいました。

恋や愛、結婚とはなにか?
欲望とセックスと。
生きること、死に向かうこと。

答えのない人生の問いに真摯に向き合った作品。

目の前の人と、悔いないように向き合いたい、きっとそう思うはずです。

存分に泣きたいときにお薦めです。

▼おすすめ本▼
【おすすめ婚活本】神崎メリの魔法のメス力で男心を学ぶ!

【おすすめエッセイ漫画】恋愛依存から抜け出せない女性たち。

恋バナ収集ユニット”桃山商事”って誰?!恋愛から見える他人の人生観。

スポンサーリンク