10年働いた会社を辞めて、挑戦することに決めました。

朝焼け

はまあやです

10年勤続した会社を辞める決意をしました。

ずっと転職したいと思っていたはずなのに、いざその時になると決意が固まらず、結局1ヶ月間悩み続けました。

挑戦したい自分と、現状維持でいたい自分とで日々、揺れ動いていました。

10年働いた場所

今の会社が大好きでした。

何の不満もなかったか?と聞かれればウソですが、人に恵まれ、家族のように心配してくれる温かい人たちでした。

よく飲みに行き、何度も語らい、ゴルフも行き、思い出が詰まった会社でした。

「明日、辞めると言おう」

心の中で決意するたび、走馬灯のように記憶が蘇って、いつも泣いてしまうのです。

「やっぱり言い出せない」

と先延ばしにして、1ヶ月経ちました。

転職先とのご縁

次の職場の方とは、ライターの仕事関係で出会い、声をかけていただきました。

かと言って、ライターとして働くわけではないのですが(`・ω・´)

デザイン事務所で事務&営業アシスタントをやらせていただくという運びになりました。

クリエイティブな仕事に関わってみたいとずっと思っていました。

それが半分、叶います。自分の努力次第で、コピーライティングやwebサイト運営などに関わることもできます。

考えれば考えるほど、ワクワクは大きくなり、それと同時にプレッシャーも大きくなります。

選んだ先の未来しか分からない

どっちを選んだとしても、片方の結果しか見ることができません。あくまで想像に過ぎなくて、辞めたら後悔するかどうかなんて分からない。

ただ明白なのは、悩むのは「やってみたい」と思っているから。

興味のないことに1ヶ月も悩むはずなんてないから…

どれだけ人に相談しても、不安が消えることなんてない。

誰にも答えは分からないし、正解はない。

自分が選んだ答えを正解にしていくしかない。

「挑戦しなかった後悔」だけはしたくないから、ただ前だけを見て、進んでみようと思います。

さいごに

けじめをつけるために書いているのに、未だに実感が湧きません…

「辞める」と口に出せば、状況は一気に動き出す。

私が辞めても変わらずに会社は回り続ける、そんなことがちょっぴり寂しいと思ってしまうけど、それが組織というものだから仕方ない。

私の人生は、まだまだ大きく変化するみたいです。