別れたくないけど、別れたい。さよならを決めるための魔法のことば。

スポンサーリンク



こんばんは。
はまあやです。

お互いがいくら好きでも叶わない恋があります。
運命の人だと信じていた人との別れは、とても辛く、悲しい。

なんで私じゃないんだろう?と探しても答えは見つかりません。

そんな頃に出会った「ことば」があります。

ことばや本は、必要なときに私の前に現れてくれるとよく思います。ふらっと寄った本屋さんだったり、何気なくネットをしていて、手に取りたくなります。

当時は、呪文のように毎日唱えて、
思い込ませようと努力したけれど、結局つらいままで・・・

頭で理解しようとするんじゃなくて、いろいろな経験が、つながる瞬間があるんですよね。最近になって、「ああ、こういうことだったんだ・・・」と腑に落ちました。

一人の人との関係が終わる、ということは、その人によって成長させられたことの証。

一生添い遂げる相手だけが「運命の人」ではありません。

運命の人とは、たとえ別れることになったとしても、あなたが人生で大切なことを学ぶために、出会うべくして出会った人なのです。

(引用:あなたは「別れ」でもっと輝ける!/ワタナベ薫)

 

「別れ」があったから「今の私」がいる。
だからこそ、また、「新しい出会い」がある。

新しい出会いのために、別れがあるのかもしれません。
涙が止まらないのなら、泣いていいのです。

 

「わたしにはあの人しかいない」
その執着を、そっと、手放してみてください。

 

今はまだ理解できないかもしれないけれど、「決断してよかった」と思える瞬間が、きっと、来ますから。

 

別れたほうがいいの?と考えたなら、離れたほうがいい。

「別れたくないけど、別れたい」

で、結局どうしたいんだ~という感情になるときは、良くない恋愛だと頭で認識しているときですよね。

 

できることなら、彼と一緒に居たい、
でも、良くないことだとは分かっている。

 

浮気だったり、不倫だったり、お金にだらしない人だったり、価値観が違い過ぎたり、依存しすぎていたり、状況はそれぞれだと思います。

 

彼が変わってくれさえすれば・・・願っても、状況は好転しません。

 

執着を手放してみる。

何年も前の話ですが、別れ話が前に進まない恋がありました。

一緒にいればいるほど、独占欲や執着心や、依存などネガティブな感情が一層、強まるばかりで、いつしか傷つけ合うようになっていました。

お互いが求めるものが、ずっと前から違っていたのに、それが分かっていながら、離れることが怖かったのです。

愛ではなくて、寂しさを埋め合うだけの関係だったと思います。会えば会うほど、ここにはないものを求め合い、消耗し続けました。

 

そしてある日、メールで一方的に、振られました。

毎回、そうなのです。
私はいつも手放せなくて、ボロボロになってしまって、相手が断ち切ってくれます。

憎しみや哀しみでいっぱいになります。

こんなに尽くしたのに、だとか、気持ちを踏みにじられた、と思う人もいるかもしれません。ずっと一緒だよ、って言ったのに、とかね。

 

けれど、時間が経って、冷静になると、
「ありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

「きみは僕のことなんて、きっとすぐに忘れる。」と メールの最後に書いてあって…そんなことあるわけないと思ったのも束の間。

 

新しい出会いは1週間後にありました(笑)

 

同じゴルフレッスンに通っていた方に突然、食事に誘ってもらい、初めてゆっくりお話をしたら、彼も同時期に彼女と別れていたことが判明し、意気投合。

毎週会うようになって、このままお付き合いするだろうとお互い思った矢先、急に東京転勤が決まるという信じられない事件が起きました(笑)食事に行ってから3週間後の出来事でした。

 

「恋愛ってもっと楽しいものなんだよ」ということを教えるために現れてくれた人なのだと思います。今どこでなにをしているか分かりませんが、私にとって、前を向くきっかけになった、運命の人でした。

 

別れのあとには、必ず出会いがあります。

 

それは、恋人とは限らず、新しい友達かもしれないし、趣味かもしれないし、仕事かもしれないし、自分が本当にやりたいことに出会えるのかもしれません。

 

ご縁は切れる人とは切れることになっており、つながる人とは、離れたとしてもまたつながることになっています。(本文より引用)

 

何かを手放さないと、新しいものは入ってきません。

 

人との出会いには意味があります。

 

私と出会ってくれた人に感謝して、
ご縁を大切にして、生きていたいと思います。

f:id:hama_nn:20190627161133j:image

 

さいごに

このワタナベ薫さんの著書に「天国からの手紙」という、ガンで他界した旦那さんが、残された奥さんに向けて書いた手紙が紹介されています。

その手紙が、人の別れと人生のすばらしさを物語っているなあと何度も読みました。

素敵なストーリーです\(^o^)/

 

 

スポンサーリンク



2 件のコメント

  • 好きだったけどかなわなかった恋、いけないとわかっていたけど別れられなかった元カレ。
    過去の恋愛を思い出しました。出会うべきして出会ったって本当に納得です。おかげで私は成長できて、新しい出会いにも恵まれたので

  • id:chibimusubi
    ちびむすびさん
    別れも出会いも意味づけをしたら、後悔や執念などにとらわれずに、前を向けるようになりますよね☆゚いつもありがとうございます!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。