本命には渡せなかったバレンタイン。~勇気を出したエピソード~

はじめまして!
恋愛ブロガーのはまあやです。

 

2月に入ってから、
「…バレンタインの時期かあ…」と思い出します。
街やデパートが一気にバレンタイン一色になりますよね。

 

今までお世話になった上司や友人へのチョコ、
彼氏にしかあげた記憶がありません。

 

…片思いの男性に渡したことってあったかな?
思い出せないってことはきっとないのだと思います。

 

チキンでした(`・ω・)

 

30代に突入してからは、バレンタインでそわそわすることも少なくなり、どうせデパート戦略だし、男性はお返しが大変だし、もらっても迷惑だとか思ってるんじゃないか?と冷めた考えをしていました。

 

私と同じように、「めんどくさい」と感じている女性のほうが多いのではないでしょうか?

 

そんな人に伝えたい、
バレンタインエピソードを1つお話します٩( ‘ω’ )و

 

バレンタイン前日(2/13)

201〇年の2月13日のお話。

会社の食事会でバレンタインの話になったのですが、30代女性(私含めて2人)は冷めていました。(…前日に食事会に参加するくらいだから笑)

 

『正直、チョコもらって嬉しいですか?

男性陣に聞いてみました!

 

30代、40代、50代、
それぞれの年代がいたけど、

 

 

答えは…。

『もらったら嬉しい!!実は毎年そわそわしている!』

 

 

え?!

f:id:hama_nn:20190214204440j:plain

 

女『え?!会社の女の子とかでもですか?』

 

男『うん!その気持ちがめっちゃ嬉しい!!!』

 

女『お返しめんどくさ~とか思わないですか?』

 

男『それは嬉しい悩みだよ。そりゃ、何十個ももらえる男は言うかもしれないけど笑』

 

そうなの?

勘違いしていた!!

 

実は、渡そうかどうか悩んでいたチョコが1個…。

 

一応用意はしてみたけれど、前日になっても渡す勇気が出ずに、自分で食べよう!と開き直っていました。

 

”迷惑だと思われたらどうしよう”

 

バレンタインはデパート戦略でしょ?とか言いそう…。
とか勝手にネガティブに妄想していました。

 

13日の22時、
飲み会の終盤でバレンタインの真実を知り、
(会社の男性陣にしか聞いてないけど…)
居ても立っても居られなくなり、
気になっている彼にLINEを送ってみる。

 

 

「明日、15分ほど時間作れますか?」

「ごめん。仕事。15分って!」

 

最終的に移動時間に渡せることになりました。

 

「本当に時間ないけど大丈夫?」と聞いてくれだけど、

 

「14日にチョコを渡す」
という行動にこそ意味があると思い決断しました。

 

数時間前の私とは180度意見が変わってしまいました(笑)
だって、好きな人には喜んでもらいたい!

 

もう決断してから、
寝付けないし、
夜中に目覚めるし、
思春期が到来。

 

仕事の合間とか迷惑だったかな?
強引だったかな?とネガティブ発動(笑)

 

バレンタイン当日(2/14)

朝から服を決めるのにそわそわ。
(会えるの一瞬なのに…)

 

日中の仕事中もそわそわ。
夕方になるとニヤケが止まらない。

 

そして、

 

仕事が終わり、

 

ダッシュで約束の場所へ。

 

 

待ってる間はネガティブな感情は消えていて、
頭の中で必死に渡し方をシュミレーションしていました。

 

やること全部やったら、雑念が消える!

 

そんな中、彼がやってきました。

「ごめんな。またすぐ移動せなあかんくて。ありがとう!」

 

2,3回会話をしただけ。

時間にすると30秒ほど(笑)

それでも私は大満足でした。

 

頭の中でシュミレーションしてたことは何も言えず、
「はい!」しか言ってない気がしますが…。

 

自分の気持ちも伝えず、相手の気持ちも確認していない。

 

それでも満足。

渡して本当によかった!

 

 

バレンタインは勇気を出して渡そう!

バレンタインデーは毎年やってきます。
イベント事が大好きな日本。
きっとなくならないでしょう。

 

悩んだ結果、渡せなかった人がもしいたら、

今年こそは渡してみて欲しい。

 

渡す前は極限状態ですが、
そのあとは達成感と喜びでいっぱいになります。

 

好きな人からの「ありがとう」の言葉は魔法。

 

それが聞けただけで、
勇気を出して本当に良かったと思えます。

 

2月14日はやっぱり特別な日。