【30代あるある】恋愛こじらせ女子の特徴。

はまあやです。
(30オーバーで女子?論争は、おいといてw)

わたしたちは、いろんな男性を見過ぎました。
良くも悪くも、知り過ぎてしまいました。

選択肢が増えれば増えるほど、考え過ぎるようになります。

分析癖がついてしまうこじらせ女子

あの人の○○は良いけど、○○は許せないだとか、
これだけは絶対に譲れないだとか、
スーツのセンスが気になったりだとか、
笑い方がなんとなく嫌だったりとか。


年々、些細なことが気になってしまうのです。


「すいません」とスムーズに店員さんを呼べる人であって欲しい、と話す友人さえいます(笑)


昔は、何にも知らなかった私たちも、男性とのデートを重ねるにつれ、学んでしまうのです。だって、経験から予測してしまうじゃないですか?


人が違えば、結果が違うということは、頭では分かっています。


この優しさは続くのだろうか?身体を重ねてしまえば、あっさり去っていかれるのかもしれない…。



様々な経験や知識が、私たちアラサー女子を不安にさせ、臆病にさせます。



純粋で、素直に信じてきた私たちは、人生で何度かの裏切りや、悲しい想いを抱えて、今もなお、踏み出せずにいるのです。


出会いの場にだって行くし、紹介だってお願いしているし、出会いの数を増やし、食事やデートに出掛け、いいなあと思う人はできる。


でも…、お付き合いという、あとほんの1歩が、ものすごく重いのです。


この選択は、間違っていないだろうか?
失敗しないだろうか?
相手にとって遊びじゃないだろうか?

スタートする前に、怯えているのです。

運命の人を信じるこじらせ女子

世の中にはたくさんの人がいます。

きっと、もっと素敵な人はいるでしょう。
出会いが増えれば増えるほど、出会えます。
それは間違いないと思います。


しかし、終わりがないと思うのです。
さらに良い人、理想の全てを持った人を探し続けても、欲は止まるところがない。


2児の母の友人は、こんなことを言っていました。

”もっといい人がいるかも”と思うのは、その人ではないということなんじゃない?

結婚したいと思うとき、「この人がいい、この人じゃなきゃだめだ!」って思うよ。そりゃあ、ムカつくこともあるし、合わないところも、たくさんあるけど、旦那は、私が辛いときに、辛いことを半分にしてくれる人なんだ。

「いろんな人を見たけど、その中では、まあキミが条件にいちばん近いから、キミで手を打つか」って、相手に思われたら嫌でしょ?「キミがいい!」と言われたいでしょ?と。


妥協は必要ない。


でも、100%性格や価値観が合う人もいません。

そんな人を探していても、たぶんいないし、それが上手くいく秘訣だとは思いません。

お互いが違うからこそ、力を合わせたときに、辛いことが半分になったり、嬉しいことが2倍になったりするのではないでしょうか?

考え過ぎるこじらせ女子

こじらせているのです。

自分には、もっとぴったりな人がいると思いたい民族なのです。
だって、長い長い時間、選択に費やしてきたんだから。


山ほど、他人の結婚をお祝いし、別れてきたカップルも数多く見てきた。知識だけ、無駄についてしまったのです。


こういう人と結婚したら苦労する、こういう人を選んだほうがいい、子どもは何歳までに産んだほうが楽だよ。


独身村の住人は、散々、聞き続けてきたのです。
だから、驚くほどに恋に臆病です。

勇気を出して踏み込まなければ、独身村のわたしたちは、結婚できません。
なにも知らなかった20代の頃とは違います。

あなたはどうする?

きっと、これまでの時間は必要でした。

悩んだり、苦しんだり、人と比べて落ち込んだり…自分に大きな欠陥があるんじゃないかと不安になったりもして…


そんな経験があるから、打たれ強くなったり、人に優しくなれたりするのです。


恋愛に臆病なのはゆっくりでいい。
恐れずに一歩一歩、進んでいきましょう。

将来が不安な30代のイメージ

将来が不安な30代独身女性、現実と向き合う勇気と未来をどう生きるか。

2019年11月1日